歯磨き粉の選び方

歯のホワイトニング手帳

歯磨き粉の効果といえば、まずは歯を清潔にして虫歯を防いでくれるイメージですよね。フッ素が歯を強くして、研磨剤が歯の汚れを落とし、発泡剤が気持ち良く泡立つのが普通の歯磨き粉です。

でもちょっと待って!当たり前の歯磨き粉ではなく、もっと歯をきれいにする歯磨き粉を使いたいと思う事ってありますよね。

たとえば、笑った時に歯が黄色いと、どんな美人でも魅力半減だと思った事はありませんか?それどころか、鏡を見て自分の歯が黄色かった時のショックといったらありません。

歯の黄ばみ汚れの事をまとめてステインと呼びますが、食べカスからタバコのヤニまで成分は様々です。このステインを落とす効果がある歯磨き粉を選べば、歯の黄ばみをだいぶ抑える事ができるんですね。

歯磨き粉が虫歯を防いで、歯を清潔に保つのはもはや当たり前です。ここでは、歯を清潔に健康に、さらに白く美しくする歯磨き粉のおすすめはどれなのかお伝えしたいと思います。

タバコの黄色いヤニを落とす歯磨き粉とは?

まず歯の黄ばみが気になるといえば、タバコのヤニですよね。タバコを禁煙すれば良いのはわかっているけど、それができない以上はヤニを落として歯を白く保つしかありません。

そこでオススメなのが、PEGことポリエチレングリコール配合の歯磨き粉です。ヤニを落とすというと、汚れを研磨剤で削り取るイメージがあるかも知れませんが、PEGはタバコのヤニを溶かして落とすので低刺激なんです。毎日使い続けることで、タバコのヤニで黄色くなった歯を白くしてくれますよ。

ドラッグストアで買えるもので言うと、LARKの歯磨き粉や、ザクトライオン、サンスターのセッチマ歯磨きなどがオススメですね。オーラツーのステインクリアペーストシリーズにも配合されているので、こちらも便利です。

ヤニ落とし用に開発された歯磨き粉は口臭を防ぐための工夫がされているので、口のタバコ臭さが気になる人にはLARKやザクトライオンなどが特にオススメですね。エチケットとして毎日の歯磨きに取り入れましょう。

食べ物の黄ばみ・ステインを落とす歯磨き粉は?

タバコのほかにも、歯を黄色や茶色に染めてしまうステインはたくさんあります。食べ物で言えば、紅茶や赤ワインなどに配合されているポリフェノールですね。

毎日の食事のたびに歯に黄色い汚れが付着するので、朝晩の歯磨きで落としていけば白い歯を維持することができますよ。

まずオススメなのが汚れを溶かして落とすPEGです。タバコのヤニを落とす部分でも触れましたが、食品由来のステインにも有効なんですね。

そしてもうひとつ、歯を白くするならハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉がオススメです。ハイドロキシアパタイトは汚れを落とす成分というよりも、汚れがつきにくい歯を作ってくれる成分です。

歯は常に溶け出しているのと同時に、再石灰化という歯を作り出す作用が働いています。ハイドロキシアパタイトはこの歯の再石灰化を助け、丈夫で汚れのつきにくい歯にしてくれるんですね。

虫歯にもなりにくくなるので、歯をキレイに保ちたいならハイドロキシアパタイトはかなりオススメの成分です。

ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉でオススメなのが、まずアパガード、ラテールなどです。1本1,000円以上する商品も多いですが、歯が強くキレイになるなら高いお値段ではありませんよね。

今話題の重曹ハミガキとは?

歯磨き粉と言っても、できるだけ自然の成分がいいと思う人もいますよね。口の中は当然粘膜の部分なので、化学物質も吸収しやすい環境です。口に入れるものだからできるだけ天然のものがいいな・・・という人にオススメなのが重曹ハミガキなんですね。

本来歯磨き粉は発泡剤で泡を出して、研磨剤や洗浄成分で汚れを落としますが、重曹ハミガキは石鹸素地で泡を立て、重曹で黄ばみを落とします。

粉末の重曹を歯ブラシにつけて歯を磨く方法もありますが、できれば使用感が良い重曹歯磨き粉がオススメです。

海外で作られたものだと、重曹ペーストにハーブの香りがついたものも売られていますが、国産のものでオススメは、歯磨撫子の重曹つるつるハミガキです。お子さんでも安心して使えますし、天然派の人にピッタリですね。

毎日の歯磨きで歯を白く保とう!

このように、歯磨き粉選びは歯をキレイに保つ上でとても大切なんですね。ちょっとずつつく汚れは、毎日ちょっとずつ落としていけばいいんです。

でも、どうしても黄ばみや茶色い汚れが強烈で落ちない場合もありますので、審美歯科や歯医者さんで一度歯のクリーニングやホワイトニングを受けて、歯をきれいにしてもらうのも方法です。歯磨き粉でその白い状態を維持すると良いですね。

そして、歯ブラシは持ちやすくて先のブラシがまっすぐのものを選ぶのがコツです。先がギザギザした歯ブラシは、存外磨き残しが多いと言われているんですね。歯磨き粉と同じくらい、歯ブラシ選びも大事にしたいですね。なるべく新しいものを使うのも大切なポイントです。

ほかにも、歯磨き粉の後に使ってもっと歯を白くするホワイトニングジェルなどを取り入れるのもオススメです。汚れを浮かせて落としてくれるので、歯に負担なく白くすることができますよ。毎日コツコツ汚れを落として、白くてキレイな歯になりましょう!