歯を白くすることに特化した歯磨き粉ってなに?

鏡で自分を歯を見たらなんか黄色っぽい?そんな事ってありますよね。そうなってしまうと、歯を見せて笑う事がなんだか怖くなってしまいませんか?笑顔が無くて暗くなりがちだと、仕事も恋愛もうまく行かなくなってしまうかも知れません。

そこで、歯を白くするために歯磨き粉を変えてみると良いんですね。毎日の歯磨きでコツコツ汚れを落とす事で、自然な白い歯を作る事ができるんですよ。では、歯を白くするためにどんな歯磨き粉を選んだらいいのか、具体的な商品名を挙げて紹介しますね。

黄ばみや汚れを落とす歯磨き粉を選ぼう!

歯の黄ばみ対策には、当然ですが汚れを落としてくれる歯磨き粉が必要ですよね。

歯の黄ばみの汚れの原因はタバコのヤニや、食品に含まれるポリフェノールなどですが、それをやさしく落としてくれるのがPEGことポリエチレングリコールなんです。

PEGはLARK・セッチマはみがき・オーラツーのステインクリアペースト、クリアクリーンホワイトニング・アパガード・ラテールなどに配合されているので、これらの商品がオススメです。

歯の黄ばみを落とすと言うと、何かゴリゴリ削って取るんじゃない?というイメージがありますが、PEGは汚れを溶かして落とすので、歯を傷めず安心なんですね。

ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉で汚れにくい歯に!

汚れを落としてくれるPEGに対して、汚れがつきにくい白い歯を作り出すのがハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉です。

ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉で一番有名なのが「芸能人は歯が命!」のキャッチコピーで大ブームになったアパガードシリーズですね。あと薬用歯磨き粉のラテールなどにもハイドロキシアパタイトが配合されています。

どうしてハイドロキシアパタイトが歯を汚れにくくしてくれるかというと、歯にくっつく細菌の塊・歯垢を代わりに吸着する性質を持っているからなんです。

本来歯にくっついていたはずの歯垢が、ハイドロキシアパタイトにくっつくことで歯が汚れずに済むんですね。また、ハイドロキシパタイトは、汚れがつきにくいツルツル表面を作り出して歯を白くする性質も持っています。

コスト面で見てみると、普通の歯磨き粉の値段が2〜300円前後なのに対して、ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉は1,000円以上してちょっとお高いのが特徴です。

しかし、ハイドロキシアパタイトの歯の黄ばみに対する効果はその分高いと言えるんですね。プラス数百円で歯が白くなるなら、むしろお買い得感があるかも知れません。

ちなみに、ハイドロキシアパタイト配合歯磨き粉のアパガードやラテールにも、上で紹介したPEGが配合されていますので、汚れを落とす効果もしっかり期待できますよ。

歯磨き後にあるものを使うと歯がもっと白くなる!

ここまで、歯を白くすることに特化した歯磨き粉のお話でしたが、実は歯磨きの後にプラスすることで、もっと歯を白くすることができるアイテムがあるんです。

それがホワイトニングジェルで、ポリアスパラギン酸・リンゴ酸など、汚れを溶かしたり浮かせたりする成分配合のデンタルケアアイテムなんですね。

歯磨き粉で汚れを取り除いた後に、ホワイトニングジェルでもう一度ブラッシングすると、残った歯の黄ばみが徐々に落ちていくんですよ。

歯磨き粉と合わせてホワイトニングジェルを使うと、早い人なら1ヶ月程度で歯が白くなってきます。試すなら、まずは1ヶ月程度使ってみるのがオススメですね。

もし、それでも落ちない頑固な汚れがある場合は、歯医者さんでクリーニングかホワイトニングしてもらうのが良いかも知れません。

ちなみに、ホワイトニングジェルにも種類がありますが、選ぶのはそう難しく無いんです。医薬部外品として、効果を厚生労働省に認められた商品に絞って選べば良いんですね。

中でも歯を白くする効果や虫歯予防成分を見れば、ちゅらトゥースホワイトニングがオススメですよ。

歯磨き粉だけと言わず、ホワイトニングジェルも一緒に使って歯を白く磨き上れば、手軽にお家で歯を白く磨き上げることができるんですね。まずは1ヶ月、コツコツ自宅で歯磨きを頑張ってみましょう。