赤ちゃんや子供の歯磨きの仕方とさせ方

子供や赤ちゃんの大事な歯を守ってあげるには、しっかり歯磨きしてあげる事が大切ですよね。でも実際にはどうやって磨いてあげたらいいか、本当にこの磨き方で合ってるのか心配になります。

そんな不安にお答えして、ここでは実際に歯医者さんで指導している赤ちゃん・子供の歯磨き方法について分かりやすくまとめました。

発達に合わせた子供の歯磨きの仕方・させ方

歯が生えていない時期から小学校入学くらいまで、どの月齢かで歯磨きの方法は変わってきます。それぞれの段階に合わせた歯磨き方法を解説しますね。

歯が生えるまでの時期は歯磨きを好きになる準備期間!

新生児の頃は歯がありませんので歯磨きの必要はありませんが、歯が生え始めてから「歯磨きするよ!」といきなり始めても嫌がる子がいます。そこで、指しゃぶりやおもちゃを舐めるなどの行動が始まったら、口の中を触るトレーニングを開始しましょう。

清潔にした指で口の中を触ってあげて慣らしておけば、いざ歯が生えた時にすんなり歯磨きさせてくれる子になります。

歯が生えたらガーゼ歯磨きからスタート

生後3〜9ヶ月ほどで歯が生え始めたら、いよいよ歯磨きスタートです。指にガーゼをまいて、口の中を磨いてあげて下さい。専用の歯磨きシートを使ってもいいですね。慣れてきたら、子供用の歯ブラシで歯磨きデビューします。

子供の歯を磨いてあげる時は、口の中が見やすく頭が動かない姿勢がベストです。お母さんが正座して、膝の上に仰向けに子供を寝かせると磨きやすくなりますよ。

ただ、この時に上唇の裏に歯ブラシが当たって痛がる子がいます。上唇の下に指を入れて押し上げて、痛くないように磨いてあげましょう。

もし、歯と歯の間に隙間のある子なら歯ブラシできれいになりますが、歯と歯がぎっしり生えている子はデンタフロスも使ってあげると磨き残しなく歯がきれいになります。

寝かせた状態で歯磨きする時期は、歯磨き粉を飲み込んでしまう事があるので歯磨き粉は使わずにみがくようにしましょう。

手の力が強くなったら自分で歯磨き開始!

手の力が強くなって自分で歯ブラシを握れるようになったら、自分で歯磨きできるよう教えてあげましょう。まず本人にみがかせて、仕上げにお母さんが磨いてあげると磨き残しがありません。

この頃になったら、子供の後ろのお母さんが立つ、スターキーズポジションという姿勢でみがいてあげても良い時期です。子供を立たせて少し上を向かせて、後ろから大人の手で顎を支えた状態で歯磨きしてあげるスタイルです。

ちなみに、この時期は歯ブラシをくわえたまま転び、上顎や頬に刺さってしまう事故の危険があるので注意が必要です。大人の管理のもとで歯ブラシを使わせるようにしましょう。

6歳くらいになったら歯磨きの自立を目標にしよう

6歳くらいになったら、いよいよ自分で歯磨きができるよう自立を促します。歯磨き粉も使って、大人と同じように自分で歯磨きさせましょう。しかし、それでも上手にまだ磨けない事も多い年齢なので、歯垢染色液を使って磨き残しをチェックしてあげると良いですね。

歯垢染色液とは、うがいする時に混ぜると磨き残しを赤く染めてくれるデンタルケアグッズです。時々使ってチェックして、上手に磨けたらうんと褒めてあげましょう。

子供の歯磨きに使いたいデンタルケアグッズとは?

発達過程別の磨き方がわかったところで、気になるのは歯ブラシや歯磨き粉など、デンタルケアグッズの選び方ですよね。子供の歯にぴったりなデンタルケアグッズはどう選んだら良いのでしょうか。

子供用歯ブラシの選び方

歯ブラシは、子供専用のヘッドが小さいものが理想です。乳児期は1.5〜1.7cm程度、6歳くらいの学童期には1.8〜2.0cm程度のブラシが良いとされています。

乳児期は歯ブラシを噛む子もいますが、成長するにつれて自分でやめる場合がほとんどです。怒ったりせず、歯ブラシをこまめに交換して対応すれば問題ありません。

歯磨き粉は子供用を少しだけ!

歯磨き粉にはフッ素化合物が使われているので、虫歯の予防に効果的です。でも、発泡剤や清涼剤が入っているので、飲み込まないよう注意も必要です。なので、うがいがまだ上手にできない子の場合、歯磨き粉はまだ使わないようにしましょう。

自分でペッと吐き出せるようになったら、少しずつ歯磨き粉を使うように教えます。特に子供用の歯磨き粉を使うと果物などの味がついているので、喜んで歯磨きするようになる子もいます。本人に好きなものを選ばせても良いですね。

わからない事は歯医者さんに相談を

ここまで基本的な赤ちゃんや子供の歯磨き方法でしたが、その子の歯並びなどでお手入れ方法は変わってきます。

わからない事があれば、こまめに歯医者さんに行って検診を受けて、指導を受けるのが一番良いんですね。かわいい我が子を虫歯から守るため、正しく丁寧な歯磨きをしてあげましょう。