簡単にできるセルフボディケアマッサージのやり方

簡単にできるセルフボディケアマッサージのやり方

ボディケアというと保湿や肌磨きのイメージがありますが、実はめぐりを高める事も重要です。

血やリンパ、水分のめぐりを高める事で、むくんだボディがキュキュッと整うんですよ。

めぐりが良くなると肌のハリも出るので、美肌も作れて一石二鳥でもあります。

そこで、ボディラインを整える、簡単ボディケアマッサージ法を紹介したいと思います。

脚のシルエットを整えるボディケアマッサージの方法

まず大事なのが、水分がたまってパンパンになりやすい脚のマッサージです。

実は、人間は血液を循環させるためにふくらはぎの筋肉をポンプのように使います。

そのふくらはぎが立ち仕事などで疲れると、脚に血液や水分が溜まってしまうんですね。

このパンパンの脚を改善するには、血液や水分のめぐりをマッサージでサポートする事が重要です。

実はめぐりを高める大事なツボがあるので、上手にほぐす方法を説明しますね。

マッサージはリンパ節の場所がわかれば失敗ナシ!

人間は細胞に溜まった水分を回収する、リンパ管という組織を持っています。

このリンパ管が集まる場所をリンパ節といい、ここを刺激すると流れが良くなるんですね。

脚のリンパ節は膝の裏や太ももの付け根なので、最初に優しく刺激してあげましょう。

足首からふくらはぎを下から順番に揉み始め、膝の裏や太ももの付け根も続けてほぐして下さいね。

これを繰り返すとリンパの流れが良くなり、水分が吸収されて脚のシルエットが変わります。

コツはふくらはぎを絞り上げるよう揉むことです。さらに効果がUPですよ。

マッサージオイルやクリームを使うのもオススメ

そして、できれば使いたいのがマッサージ用のオイルやクリームです。

よりしっかりマッサージできますし、肌への負担も減るんですね。

クリームやオイルには保湿効果もあるので、肌がしっとりするのもメリットです。

香りや使用感など、自分がよりリラックスできるアイテムを選ぶと良いでしょう。

顔や上半身がすっきりするマッサージも大事

顔や上半身がすっきりするマッサージも大事

他にも、フェイスラインがもったりしていたり、コリのせいか姿勢が悪いな・・・という日もありますよね。

首まわりのコリを揉み解すとだいぶ印象が変わるので、ぜひ上半身もマッサージしましょう。

実は鎖骨や首にもリンパが通っていて、揉み解す事で見た目の印象が変わるんですよ。

鎖骨と首を揉み解すのがマッサージのコツ

まず、最初にもみほぐしたい意外な場所が、鎖骨のくぼみ部分です。

鎖骨には大きなリンパ節があるので、鎖骨を揉み解すとフェイスラインや肩こりの改善に良いんですね。

次に首の筋肉をほぐしましょう。鎖骨の中心から耳の下まで、一直線に伸びる筋肉がマッサージのポイントです。

触ってみると太い筋肉があるので、つまむようにグリグリほぐしてあげましょう。

フェイスラインが気になる人は、耳の下のくぼみも刺激してあげると良いですね。

この耳の下のくぼみもリンパ節なので、刺激すると顔や首のめぐりがポカポカと良くなりますよ。

上半身のめぐりが良くなると、姿勢良く顔がイキイキして見えるので、ぜひマッサージしてみてくださいね。

セルフボディケアマッサージのやり方まとめ

けっこう簡単にボディケアマッサージはできるんですね。

エステでプロに揉みほぐしてもらうのも良いですが、セルフボディケアマッサージでもかなり効果的なんですよ。

血流やリンパのめぐりが良くなると、体や頭が軽くなるので活発に動けるのも嬉しいメリットです。

お気に入りのマッサージオイルやクリームを使って、お風呂上りにボディケアマッサージしてみましょう。